Follow

私は「自分の表現力、性格」を認めた時から仕事が入るようになりました。
カメラマンはクールでかっこよくあるべきだという変な固定概念があった独立当初だったのが「私らしく、明るく楽しく仕事しよう」と考えた瞬間視界が変わって、周りに認められるようになりました。
それって周りから醜態を晒す事になるので変人になるんですよ。
でもそれで私は唯一無二の存在になれたので何かを創り出す仕事の人は自分の抑えから抜け出すって重要だなーと思うのです…