安易にブロックする人ってなんなんだろうね、とは思う。

相手が明らかに中傷してくるときとかはブロックもやむなしとは思うけど、そうじゃないからなあ。
話が通じないレベルではブロックするもんじゃないとは思う。

この間みたいに議論のときはエアリプ合戦になりがちだけど、エアリプにはネガティブな見方をする人もいるので気をつけよう
not-found.hatenablog.com/entry

ハッシュタグでの多人数での会話でも、ブロック多用する人が一人その中に居たらそれだけで文脈意味不明になるよ><
オレンジはそういうのと、弁明の機会すらも奪う事の危険性を重く考えているから技術的理由以外では基本的にブロックもミュートも使わないけど、他にそういう事を深く考えてそうしてる人知らない><

なお、Pleromaではフォローしていない人へのリプライも表示されます。

Misskeyでは、リプライすると、リプライ先の投稿も同時にTL上に表示されます。引用リノートすると通知も飛びます。

それぞれ違う考え方に基づいているのが面白いところです。

もうひとつ。エアリプが、複数の親投稿への広域リプライというケースがままあります。

TL上の話題・コンテクストに対して言及する行為であるため、特定の投稿へのリプライとして表現できないというものです。

コンテクストをカバーする方法として、ハッシュタグによるコンテクストやテーマ別グループが有力であると考えていますが、まだ発展途上です。

また、人は自分のコンテクストを明示しながら話をすることは極めてまれで、雑談こそがSNSの華、突然コンテクストが生まれて、ただちに散っていきます。

そのため、リアルタイムに対応できる手段でなければ機能しません。

これも、まったく仕組みが追いついていない、整備されていないところだなと思っています。

わざと気付かないように、つながらないようにしたいケース、真のエアリプとも言えますが、それはもちろん別のお話です。

先方に通知したり、リプライツリーになってしまったら意味がありません。

もとよりリプライではなくエアリプを選ぶ理由があるので、それに寄り添った機能でなければいけないわけです。

基本的に、双方向ではなく、単方向の参照であるということが重要なポイントではないかと考えています。

先方からは辿れないように完全に秘匿するか、積極的に辿ればたどり着けるか、というところは考えドコロで、公開と未収載のように、どちらも選べるのが正解かもしれません。

Mastodonのエアリプ、良く出来ていなくて、エアリプでやり取りしている当事者の双方を観測範囲に入れている人はタイムライン上に見えるけど、観測範囲の外の人と話している会話はタイムライン上でみえるように作られていません。

(前の投稿と対比して書いてみました)

いや、エアリプなんだからそりゃ無理もないんですが、ブーストして言及とか、URLを記載したりとか、はたまた独自に引用を追加したりとか、本当は何らかの形で繋がりを示したいと思っているのに、それをカバーできていないのです。

エアリプするのは是か非か、じゃないのです。ニーズに応えられていない。機能不足。

……というのが私の認識でして、なんとか解決したいなぁとずっと思ってます。

Mastodonのリプライ、良く出来ていて、リプライでやり取りしている当事者の双方を観測範囲に入れている人はタイムライン上に見えるけど、観測範囲の外の人と話している会話はタイムライン上でみえないようになっています。

起点となっている投稿の詳細を開くと、今度は逆にツリーが追えるようになっていて、コンテキストを上手に分離しているんですよね。

ただし、日本では特にエアリプが愛用されていて、リプライで会話する機会が少なめで、機能が活かされていないように感じます。

あとメンテナンスが大変。それゆえ自分は一時期自分のインスタンスを持つのをやめていたが…自分自身にノウハウのないRailsやElixirと違ってnode.js系のシステムならなんとか勝負できそうな気はする。

Fediverseの世界は資本主義の世界でもある気がしてきた。サーバー管理者になれば自己決定権が得られるが当然ながら資金的なバックグラウンドが必要、みたいな。

3大インスタンスが不安定になることで利用者を鯖缶へと誘導している

一時期新サイトへのブログ連携に使っていたけどヘッドレスCMS導入で御役御免になったHasuraをAWSから削除した。
これでPostgreSQLのリザーブドインスタンス枠が空いたので来週Dolphin導入・パーソナルインスタンス再オープンに着手する

実家の最寄り駅であるJR磐越西線会津若松駅は消費税率8%への改定のタイミングでSuicaが導入されたからね…消費税率改定されなければいまだに帰省する度に紙のきっぷを買わなきゃ行けなかったかも知れない、という複雑な感情

まさにこれで、経済状況が改善しても企業が内部留保ため込むのも同じ理屈…
人は苦い記憶というのはなかなか忘れない。

消費税全廃したとして、それはそれで消費があがるのかもしれないけど、人々の記憶やらなんやらというのがあるので、けっきょくその分貯金となってしまう、その間がたいへんだねって

ちっこい会社とかだと、現経営者が雇われ社長だったりして、自分の在任中に会社潰れたくないから、必死でお金を貯めて、自分が社長でいる間は可能な限り何もしない(利益が磨り減ろうが潰れなければどうでもいい)ってのはよく見かけますね。もうこれ以上はダメだっていう手前で辞めて、報酬はキッチリもらって創業者の息子や孫にバトンタッチ!して逃げるみたいな(笑)

そしてこの金融機関が借り手たる企業の信任を失っているという背景があるため、相次ぐ金融緩和(金利低下)にもかかわらず融資が伸び悩んで金融機関の経営を圧迫している、という構図であると

1990年代以降のバブル崩壊とその後の不良債権処理の時代、金融機関は貸し渋り・貸し剥がし等の行為により企業の信任を失っている。企業が金融機関に頼らず自立した経営を志向することによって内部留保が積み上がっていったのではないかと考える。

Show more
銀河丼

銀河丼です。

没頭できることひとつあれば、大きな組織に所属しなくても生きていける、そんな優しくて甘っちょろい世界を目指したいサーバです。

つまり趣味でも仕事でも、個人単位で活動してる人のサーバです。

参加してくれる人募集中!

意識高い人も、意識低い人も、意識低くあることに意識高い人も大歓迎!

よろしくお願いいたします。

※メンテナンスのため、毎日深夜3時に再起動がかかります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします🙇